棋士の心理を教育する意義について

 あなたは棋士について知っていますか。
名前と職業は知っている人も多いと思います。
将棋などで勝ち抜き、生活をする人のことです。
では、棋士が勝負の前後や勝負の時にどんな心理状態であるか知っていますか。
ぼんやりとしか、分からないと思います。
棋士の心を知るとは、どういうことでしょうか。
 棋士とは、勝負をする人です。
誰でも勝負をすることはあるでしょう。
その時に、どんな心で望めばよいのでしょうか。
また、勝負の前後で、どういう心でいれば、勝負の時にベストの力が発揮できるのでしょうか。
それを知り、身につけるために棋士が勝負に臨む心を学ぶ必要があるのです。
棋士の心を学ぶことによって、あなたの中に勝負に挑む棋士の心理モデルができあがります。
あなたは、勝負の時にそのモデルに入って、勝負に挑めばよいのです。
 もし、そのモデルで対応できないならば、そのモデルを改良すればよいのです。
そのための土台として、教育によって棋士の心理モデルを構築するのです。