観光客の心理について教育する意義とは

 日本の観光地には、多くの観光客が訪れています。
しかし、最近では有名な観光地以外にも観光客が訪れるようです。
特に、2020年は東京オリンピックですので、海外から多くの人が訪れるでしょう。
東京近郊だけではありません。
日本に来たついでに、遠くまで羽を伸ばす人もいるでしょう。
 では、なぜ観光客の心理について学習する必要があるのでしょうか。
観光をしたことがある人も多くいるでしょうし、ことさら学習する必要があるのでしょうか。
もちろん、学習する必要があります。
自分が観光したことがあるといっても、他の観光客と行動パターンがまったく同じというわけではありません。
特に、海外からの観光客の場合、まったく意外なことを考えていることもあるでしょう。
 観光客の心理を教育することによって、学習者の中の観光客像が広がりをみせます。
それによって、観光客にも色々いることが理解できますし、ある種の偏見も防げます。
観光客にどう接すれば良いかも、すぐ理解できます。
それが、この教育の意義なのです。